土田聡子のCDを聴く会

新型コロナ流行の最中ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
私も、自分のリサイタルの延期や、いただいていたコンサートの中止など、悶々と日々を過ごしています。
そんな中、渾身の新アルバム「Evviva」を聴いていただきながら、内容やエピソードのお話をさせていただく会を開いていただきました。
声を楽器のように、というコンセプトの当アルバム、お聴きいただけた方には、おかげさまでご好評をいただいていますが、折からの自粛基調で、お耳に触れる機会が広がりません。
対面で歌うことはまだまだ心配なため、CDを聴いていただく会という企画になりました。

会場の人数にも制限があり、zoomでweb参加いただけた方もいらっしゃいました。

歌わずして曲の解説とトーク、質疑応答という形は経験が少なくて、テンションを制御するのが大変でしたが、
おかげさまで、久しぶりに人前に立つことができました。

zoomで聴いていただいている方々と、会場で聴いていただいている時間差や、
トークの際にwebでの質問が届かないなど、想像していないことへのその場での対処は、コロナ中、そしてコロナ後にコンサートをしていく上で、良い経験をさせていただいたと思っています。
お客様は、ご自身がプロの表現者であったり、長く歌をされていたり、生の歌はなかったとしても、共感いただける部分もあったのではないか?と思っています(^^)

中秋の名月

https://youtu.be/zSXrpczq6js

昨年の加賀町ホールのコンサートから。