イタリアを東京で

イタリアを東京で

image2 (7)

画像は「ニョッキアッラクレーマディピスターキオ」。
イタリア語の発音に近づけるとこうなるのですが「ピスターキオクリームのニョッキ」です。
塩分がほとんどなく、お菓子にも使えそうなピスターキオのペーストを使ったクリームを、キノコとニョッキに絡めたもの。
この小粋なペーストは、再開発で一変したミラノのガリバルディ広場にある「イータリー」に売っていました。
そんなの三越にあるじゃん?とお気づきの貴兄。
その通りではあるのですが、三越のイータリーに置かれているアイテムはほんの一部。
バックナンバーでご紹介した、日本ではほぼ手に入らない「ニョッケッティサルディ」も、ここにはあるのです(≧∇≦)
イータリーそのものは英国資本では?とお気づきの貴兄。
私は思うのです。
美味しいものは、お金の出し手や制度、まして政情と無縁でなければならない。
言い方が強いならば、できれば無縁であったほうが良いと。
なぜなら、日本でいただいたこのニョッキ、すごく美味しかったのです(≧∇≦)

投稿日: 2016年7月22日takuyatsuchida