月別: 2018年5月

土田聡子リサイタル GAUDIO~喜び~

春爛漫を通り越し、夏のような日々が続きますが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
おかげさまをもちまして、2月24日のデーボラ・モーリとのコンサートは、セントレホールが満杯の盛況となりました。本当にありがとうございました。
さて、早くも皆様にお会いできるチャンスがやってまいりました!
7月14日(土) 14時より、会場は初台の東京オペラシティ リサイタルホール。
リサイタルのテーマは “GAUDIO” 。
「喜び」を意味するイタリア語にしました。
4月にミラノでコンサートをさせていただいて思ったのは、歌う喜びをお客様とシェアすることの大切さでした。
また今月初めには、縁あってピアノの名器と出会い、楽器は生き物だと気づかされました。
私自身が「生きた楽器」として高みを目指し続ければ、聴いてくださるお客様を、そして会場全体を喜びでいっぱいにできる。きっとできる。そんな思いを込めたリサイタルにします。乞うご期待!
ピアノはおなじみの名手・田中梢さん。そして、今回はチェロの本橋裕さんをお迎えし、楽器となった土田聡子(笑)とのセッションをお届けします。
内容を少しだけお知らせしますと、チラシやチケットの青い色ともリンクした、ヨハン・シュトラウスⅡ世の名曲「美しく青きドナウ」に挑戦します。それだけでも実はかなり超絶なのですが、これ以外にもびっくりなコンテンツを予定しています。お楽しみに!

夏のひととき、ご多忙とは存じますが、よろしければ足をお運びいただき、皆様と喜びを分かち合えたら、とても嬉しいです。何卒よろしくお願い申し上げます。

2018年5月吉日

「ミラノに行っていました」

ミラノへの里帰り?で完全燃焼したため、
更新が滞ってしまいました(汗)
3月末から4月前半にかけ、ミラノに滞在しました。
2016年の滞在も、今年の2月に東京でコンサートをすることになる
デーボラ・モーリとの再会・共演を始め、盛りだくさんでしたが
今回も旧市街の歴史ある教会でリサイタルをさせてもらうことができ、
デーボラとの再演がミラノで早くも実現しました。
コンサート以外でも、
親友夫妻が授かった娘・カミッラとの対面が、ついにかないました。
ご厄介になったデーボラ宅では、
歌手同士の夫婦でもあるご両親や愛犬シャロンにも再会することができ、
小鳥の声に溢れた別荘にも招いていただきました。
イタリアの人々の温かい心に触れ、
これからの活動の糧をたくさんもらってきました^^
今回のミラノで、より一層強く感じるようになった歌の喜びを、
7月14日のリサイタルで、皆様にお伝えできる準備が整いました。
詳細は追ってご案内します。乞うご期待。